その他

【新トレード画面版】トラリピ(FX自動取引)の口座状況画面の見方を解説します

トラリピ(FX自動取引)の口座状況画面の見方を解説します

 

FX初心者にとってわかりにくい口座状況の画面。

維持率?? 証拠金???

今回はそんな口座状況の画面を解説します。

 

<口座状況の画面>


左上から順番にみていきましょう。

証拠金維持率

証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100

有効証拠金=預託証拠金+受渡前損益+評価損益

必要証拠金=取引総代金×4%(証拠金率)

<注意>証拠金維持率100%未満でロスカットになります。

ロスカットにならないようにするためには、有効証拠金を増やす(入金額を多めにする)か
必要証拠金(つまりポジション量)を減らす必要があります。

実質レバレッジ

(レバレッジ = 取引総代金 ÷ 必要証拠金)

実質レバレッジ=必要証拠金x25(取引総代金)÷有効証拠金

レバレッジを高くして運用するとロスカットしやすくなるので注意が必要です。
なぜかというと、レバレッジが高い状態は証拠金に対してポジションの量が多い状態にあるのでロスカットしやすくなります。

ロスカットにならないように証拠金維持率もしくは実質レバレッジを注視しておくとよいです。

スポンサーリンク
マネースクエア

有効証拠金

有効証拠金=預託証拠金+評価損益(合計)+受渡前損益

いわゆる現金残高です。
受渡前損益も含まれますので、決済してから口座に反映されていない金額も反映しています。

総必要証拠金

総必要証拠金=必要証拠金+発注証拠金

必要証拠金=取引総代金×4%(証拠金率)

総必要証拠金は発注したポジションがすべて決済された証拠金なので、有効証拠金と比較しておきましょう。総必要証拠金>有効証拠金にならにようにする方が安全です。

必要証拠金

必要証拠金=取引総代金×4%(証拠金率)

必要証拠金はレバレッジの計算などにも使います。ロスカットの計算に必要証拠金が大切になるのでチェックしておきましょう。

発注証拠金

発注したポジションが新規成立された時に必要な証拠金です。つまりまだ新規成立されていない証拠金です。

預託証拠金

いわゆる口座に入金されいる金額です。
ポジションを決済後に預託証拠金に反映されていない金額が発生していることもあります。(入金に2営業日かかるため)

評価損益

現在の評価損益です。
ポジション、スワップ、合計とあります。

受渡前損益

ポジションを決済後に預託証拠金に反映されていない金額です。

まとめ

トラリピはその性質上評価損が発生しやすいのでロスカットにならないように維持率のチェックは必須ですな。

資産の伸びは預託証拠金をみていくといいと思います。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
マネースクエア