株価と月次売上

月次売上と株価の関係を探る-吉野家-【銘柄研究】2019.11まで

企業IRの月次売上と株価でグラフを作成しました。
手作業のため間違い等ご注意ください。

吉野家【9861】

大手外食チェーンストアで牛丼が主力。
100株から優待もいただけるので魅力的な銘柄。
牛丼チェーン売上ランキングでは2位の模様。
個人的に牛丼チェーンで一番味が好きです。

優待情報

100株:6000円分(年)
1000株:12000円分(年)
2000株:24000円分(年)
2月末、8月末

売上高前年比と月末株価のグラフ


棒グラフ:売上高前年比(全店)
折れ線グラフ:月末の株価

ここで注目していただきたいのは2019年2月に売上高前年比が大きく落ち込み、翌月4月以降は前年比100%越えが続いています。(2018年の売上が大きかったのも要因ですが)株価も2019年4月から右肩あがりになっています。
2019年12月も株価をさらにあげてきました。
この後、1月には株価が急落しました。上がり過ぎたのでしょうか。

しっかり企業研究をする場合は前年比でなく売上高をチェックした方がいいと思いますが、簡単にスクリーニングする場合は売上高前年比の方がわかりやすいです。
前年比100%越えが続いている企業は株価も堅調なことが多いという仮説を立てているので引き続き他の企業もチェックしていきます。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
楽天証券